2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.03.08 (Mon)

2010.3.5 車山高原SKYPARK?シーズン15日目その1

さていよいよ全日本選手権に向けて、秋田を出る夜です。
3/4の19:30、長野に向けて出発。
ナビをセットした先は、長野県茅野市は車山高原SKYPARK。
言わずと知れた国内クロスシーンの最先端の地です。
メンバーは俺とヨメ、あまのっち、きゃべじん、きゃべじん両親。
総勢6名の秋田県選手団です、これに加えて前日の宿に待ち受ける強敵が居ます。

そう、yuukiさん率いるチーム青森、東北大会で火花を散らした手強いライバル達です。
相互で適当に連絡を取りながら、大会前日の昼過ぎ頃合流する予定です。
3人で運転を交替して、適当に仮眠しながら着々と現地に近づく俺ちゃん達。
上田菅平ICで高速を降り、道中のコンビニで寝酒とつまみをゲット。
駐車場で寝酒to仮眠のコンボ、起きてみたら、これがまた目を疑う光景。

いやその、無いんですよね雪が。
これでどうやって競技しろってんで的、いけずな眺めです。
半信半疑で山に上がると、クロスコースとGSバーンにだけ雪がある状態。
大会関係者各位の、血がにじまんばかりの努力が目に見えそうな光景です。

とりあえず選手3人+ウチのヨメの4人でコースイン。
コース脇のリフトから、上に向かって右にクロスコース。
右側には昨日SL、本日GSが行われている斜面がみえまっする。
ウチのチーム員がGSとSLに2人エントリーしていまして。
結果だけいっときますね、ユース男子でアルパイン2種目獲った選手。
俺ちゃん率いる(一応)チームReal-Sのsimonです、ユースだけどまだ中一です、13歳です。
来季辺りから無理やりクロスやらせます、親父を説得して無理やりcoalを買わせます。
親父が買ってくれなかったら、俺が今乗ってるノーマルエリミに乗らせます。
そして俺はメタルエリミかケスラーに乗り換えます、今からきりきり稼がないとね。

さてコースに入ったのは九時半くらいかな、思っていたよりは手強くないコースだなあ。
これならいつも攻めてる矢島の方が難しくて面白い、これ率直かつ正直な感想。
これ見てるだろkenya君、自信持っていいよ。君は日本で指折りのコースビルダーだ。

5本くらい滑ったかな、自分なりに攻めれるようになったので、この辺でガチ練はおしまい。
一旦山を降りて昼飯、の前にお楽しみが一つあるのです。
GS競技のゴール付近に、並んでいるテントの中の一つに、ウィンクル商会ってのがあります。
そう、知ってる人は知っている、F2とケスラーの輸入代理店です。
ここを覗いているようなモノズキタガレな貴兄貴女ならば、
こないだのバンクーバーオリンピックを、目を血走らせてご覧になった方も多いと思います。
もちろんスノーボ?ドクロス競技ですけど、気付いた方も多いかと思います。
出場選手が使用しているボードですけど、オクシスとケスラーで9割以上。
その他はコールが1人、エリミWCが1人(我らが土井奈津子選手)
後は良く分からないのが何人か、言うなればワンメイクならぬツーメイクレース状態。

一方の雄オクシスは、日本での正式な扱いが無い状態です。
JSBAの公式用具で無いので、公認大会で使用できないのです。
競技者登録してる自分としては、残念ながら候補には挙がりません。
そしてもう一方の雄ケスラーが、なんと実際にここで乗れるのです。
しかも隣には全日本選手権の大会コース、こんな機会がそうそうあるとは思えない。

ここで長くなった挙句、夜勤明けで眠い為一旦中断です。
まだ初日の半分も終わってませんが、続きはまた後でー。

つづく


スポンサーサイト
12:58  |  バイク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。