2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.03.19 (Fri)

2010.3.6 車山高原SKYPARK シーズン16日目/JSBA全日本選手権

さて今更ですが、全日本選手権当日です。
さて朝です、予定通りの大雨です。
シトシト、とか、さめざめ、そんな情緒のある雨じゃないです。
メチャクチャ降ってます、土砂降りです。
コースはザクザク段ボレ、そうじゃない所は硫安でカチコチまあごりっぱ。
なかなかにハードコアな状況ですが、流石に予選を勝ち抜いてきた選手達。
クチでは文句をたれつつも、行動が鈍るものなど誰も居ません。
これこれ、この殺伐さがいいのよ、雨は嫌だけど、こうじゃなくちゃね。
朝一のインスペクションに並ぶ長い列、どいつもコイツも地区の代表。
いいツラしてます、どいつもコイツも、老若男女みな男前です。

100306全日本車山 001b

コースは最初に何だか階段みたいなの。
次はかなり小さめのUタンク、って言うかキッカー。

100306全日本車山 002b

動画:kurumayama

パークにあれば鼻くそほじりながら飛ぶ程度のサイズですが、
6人一緒に仲良く飛ぶには、なかなか痺れる感じです。
あ、JSBA全日本選手権は、6人ヒートの3アップなんです。
最近はFISワールドの影響で4人ヒートが殆どなんですが。
やっぱりクロスは6人がいいです、大は小を兼ねるんです。

100306全日本車山 004b

俺が出場する加齢臭クラス、もといシニアメンクラス。
朝イチのインスペクションが終了後、十時半くらいに公開練習。
その後午後1時位に一回戦、待ち時間、ひたすら長いです。
最初に濡れて来たのはグローブ、次にパンツ。
ジャケットが水浸しになり、プロテクターも染みて来た。
この日一番の敵は、雨に負けそうになる自分。
まあそんなモンに負けそうになるって事は、その程度って事なんですけどね。
ウェアのポケットに入ったチョコをたまに口に入れながら、じっと出番を待ちます。
そうこうしているうちに今回行動を共にしたみんなが、どんどん出走していきます。
今回、チーム員は誰も居ないので、自分以外の詳しい事は書きません。
でもみんな立派に闘って、みんな悔しい結果になりました。
1位以外は全て負け犬、本気で悔しいのが伝わってきます。
全日本選手だと言う事だけに、満足しているなんちゃって野郎など誰も居ません。
みんな本物のクロッサーです、2日間一緒に居て、違和感がひとつも無かった。


100306全日本車山 007b

さてシニアメン第一ラウンド、俺ちゃんは最終第8ヒートです。
ゴーグルが雨水で曇ってどうしようもありません。
スタート直前、悩んだ末に外して首に掛けました。
雨水と風が眼球を直撃する状態ですが、何も見えないよりマシ。
腹を決めたらもうチョッかるだけです、スタートしました。
選んだゲートは左から2番目、右側がインベタなんですが、
左からずっとフロントで切って被せる方が早いと思ったんです。

スタートして直ぐに自分が速いのが分かりました。
板が走ってるし、タイミングもまあまあ。
ロールを踏むたびに加速してるのが分かる、踏めてる、行ける。
右端ゲートから来た選手にホールショットは譲りましたが、
コレなら何も問題ない、見る見るうちに差は詰まります。
うーん、抜かないと逆にヤバイなコレ、段ボレバックサイドの前に仕掛けとくか。
バックtoフロントの、フロントでインを突いて仕掛ける俺。
フロント側を踏んだ途端に、板が真横になりました。
ヤバイ、スピンする!そう思って無理やり板を戻そうとしたら、戻した途端に内倒。
気が付いたら尻餅ついて、何も出来ずに俺を抜いていく選手を見ていました。
何も出来ずに見ていた俺、まるで、まるで、高木ブーの様じゃないか。


イチコケ終了です。
どんな気分だったか、ポルナレフで言うとこんな感じです。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『俺は奴の後ろで余裕の2位をキープしていると思ったら、つまらねえミスでコケてビリだった』。
な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」


ポルナレフ


まあでも、これで良かったんだと思います。
イチコケはもちろん悔しいですが、こんな状態で勝っちゃいけない。
ろくな技術練習もせず、筋肉も足りなければ柔軟性もない。
やっぱり積み重ねが必要なんですよ、俺にはね。
もともと運動音痴で、球技とか全部ダメで。
地道な筋力トレーニングと、七面倒くさい技術練習。
これをやらなきゃダメですね、はい、見えてきました、これからやることが。



100306全日本車山 014b

その後も最後までレースをじっくり見ます。
せっかく来たんだから、最後まで見届けなきゃもったいない。

100306全日本車山 015b

今年の全日本はこれで終わりです。
来年も絶対に出ます。
どうも北海道らしいです、札幌辺りならいいなあ。
函館辺りなら更に良いなあ、函館七恵とかのあの辺。
いつだかの赤平とか、意味不明なところは止めて欲しいっす。

それでも全日本だから、何処であろうと行くんですけどね。
さあ、また来年がんばろうっと。
スポンサーサイト
09:48  |  スノーボード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。