2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.06.27 (Mon)

water rocket competition in AKITA

えげつない洪水災害の合間を縫って、水ロケット大会に参加してきました。
親子イベントみたいなもんですが、子供にモノを考えさせるのが主眼の様です。
主催は秋田大学と宇宙少年団なる組織ですが、正直どんなものだかよく分かりません。

FxCam_1309060530831.jpg

製造業で働く俺には信じられないくらい大雑把な設計図(?)と、
身近で手に入る素材を渡されます。
意図は手に取るように分かります、設計図どおりに作るプラモデルではなく、
自分で考えて作らせる。
出来合いをカスタムではなく、最低限の情報を与えて工夫させる。
まあ作るのはほぼ俺なんですが、子供にも出来る事はやらせます。
ハサミでフィンをカットさせたり、塗らせたいように色を塗らせるとか。

FxCam_1309053670201.jpg

ロケットの原理は炭酸飲料の1.5ℓペットボトルに0.5ℓ程度の水を入れ、
自転車用の空気入れで6気圧の圧力をかけて、
機械式のリリースレバーで一気に圧力解放させてーの。
これがまた飛ぶ飛ぶ!、
場所は野球場で発射台はホームベース上だったのですが、
あわやホームランってくらいのとび具合でした。

FxCam_1309055859763.jpg

午前中は製作教室で、午後からは大会って形だったんですが、
午前はパスで午後から参加してくる親子連れなんかも居まして。
これがまた明らかに父ちゃんのリキが入った、
香ばしいカスタムロケットを持ち込むんですよ。
子供のミニ四駆大会で熱くなる父ちゃんのロケット版ですね。

FxCam_1309137067257.jpg

で、大会は2種目ありまして、単純な飛距離を競うのと、正確性を競うのと。
ゴルフで言えばドラコンとグリーン狙いみたいなもんですかね。
どうもウチのロケットは正確性に秀でてるようで、
目標になる50m先の工事現場用のコーンから、112センチと言う結果でした。
絶対優勝だと思ったら上には上の105センチって、
ガチな科学系小学生男子の後塵を拝してしまいました。
でも面白かったし子供ももちろん大喜びだったんで、次回も参加したいと思います。
今回は秋田県大会で、入賞したウチは東北大会への出場資格を得たのですが、
残念ながら震災の影響で東北大会はキャンセルとなってしまいました。
まあ国家の非常時なんで仕方の無い事ですし、
大会を手伝ってくれた工学部の学生さんの優秀さを目にすることも出来ました。
しかも男共より紅一点の女子がリーダーシップを発揮してるあたりも実に頼もしい。
日本の工業界の未来も、まだまだ悲観したもんでもないですね。
なかなか有意義な一日でございました、
スポンサーサイト
10:27  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。