2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.09.24 (Mon)

2012.9.12-14 北海道旅行その5

すすきののジンギスカン居酒屋「しんや」
ススキノのビジホに投宿して、いざ晩御飯に出撃。
むかったのはジンギスカン居酒屋の「しんや」
ものすっごい有名店ですが、観光客が来る類の場所ではないようでした。
すっごい浮いてましたけど、ジンギスカンは衝撃のうまさでした。
羊の肉に対するイメージが変わりましたけど、
欲を言えばもう少し羊臭さが有ってもよかったような?
その後は家族連れでショットバーなどに行ってみたり。
サッポロが誇るレベルミュージック界の大物、
SLANGのKOさんとか、ブルーハーブのBOSSさんとかに・・・
あ、カウンターアクション札幌本店に行けば良かったのかな?
次回は行ってみたいもんです。
逢うわけもなく、疲れと酔いでぐっすり眠ってはい朝です。

白い恋人の本社に来てみました
白い恋人の本社に突撃です。

クッキー作るよ!
クッキー作り体験などしてみました、親父はカメラマンです。

生地を伸ばして
生地をのばしてーの

型を抜きます
型抜いてーの
小一時間でクッキー完成です
食っちゃったので写真はありません

なぜかゴーストライダーが
なんでこんなもんが

白い恋人記念写真
最後にこんな感じで写真撮りました、バ観光ですねw

札幌らーめんの有名店すみれ
お昼ごはんは札幌ラーメンの有名店すみれ、
運よく並ばず入れました、うまかったです。
札幌の自宅兼居酒屋経営者さんもおすすめです、
食べた後水飲むと脂が固まっておなか壊しがちになるそうなので注意です。
俺はがんがん飲んでましたが平気でしたが、
良い子のみんなは注意してくださいね。

山わさびゲット
次は中山峠~ルスツ経由で昭和新山に向かいます、
中山峠で香り高い山わさびゲット。
まだ冷凍してるんだけど、
なんかいい調理法ないかな?

クマに襲われています
昭和新山に着いた途端クマに襲われました

このTシャツわwww
お好きな人にはたまらない、ファンが多いシリーズです。

昭和新山クマ牧場
生で間近に見るクマはド迫力です。

ヒグマの親子が!
三度ヒグマの襲撃が!

昭和新山をバックに
昭和新山をバックに、この山が育つ過程を克明に記録した方、
何といったかな?、伝記呼んだときパラノイアの凄みをまざまざと感じた覚えがあります。
これで観光はおしまい、後ろ髪引きつつフェリーに乗ります。

フェリーから見た夜明け
あっという間に夜明け、フェリーからだと秋田沖でも海からのご来光です。

もう少しで着きます

これで今回の北海道の旅の記録はおしまいです、
無茶な移動かと思いましたが、
若かりし日にバイクで走り回った経験が非常に役立ちました。
つーか車だと全然問題なし、全く疲れ感じず。
ほとんど俺がハンドル握ってましたけど、まだまだいける感じでした。
バイクで走り回ったころのあの感動を、家族にも伝えたかった。
そんな思いで実行した今回の旅でしたが、
目論見以上に楽しい旅となりました。
またいつか、もっとのんびり回ってみたいもんです。
以上、旅行記でした。
12:45  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.24 (Mon)

2012.9.12 北海道旅行その4

ろくごうの森
さて名所巡りスタート、最初はここ。

風力発電
途中すっ飛ばした気もするけど、五郎がキレるあの風力発電。

石の家
畑から持ってきた石で作る家、割と堅牢な作りでした。

名言きたこれ
最初の連続ドラマ時代ですね。

純と結の家、ドラマ終了後も物語継続中
純と結が富良野で住むために建てたとされる家、中の写真はNGだそうです。

風呂とか
例の風呂とか。

この写真は有名ですね
これは何百回となく映し出された有名な写真。

富良野を後にし、玉ねぎ運搬車の後ろからいざサッポロへ
写真じゃ全然わからんですけど、前のトラック玉ねぎ満載。
茶色い皮が一面にぶっ飛んでて、なかなかの見ものでした。
さてこの日の晩のお宿、すすきののビジネスホテルに向かいます。
11:49  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.24 (Mon)

2012.9.11-12 北海道旅行その3

民宿本間、ほんまもんの漁師さんがやってる宿です。
羅臼のお宿に到着、ほんまもんの漁師の本間さんがやってる民宿です。

ごちそう、赤い魚はメンメ、超うまい。
豪華海鮮全景、赤い魚のうまさは異常、メンメというのだそうです。

とりあえずビールから、秋田杉のジョッキです。
秋田杉のジョッキでサッポロビールを頂きます、
こんな遠くに来てまで秋田杉、地元のポテンシャルを感じますね。

毛ガニ、説明不要。
毛ガニなんですよ毛ガニ、でかい・・・。
身をほじくってビール飲んで、またほじくって(以下ループ
この日居合わせた岐阜からの夫婦さん、
カラフトマス釣りに来てたそうですが、
なんと秋田県は協和町に、例のドナルドソントラウトを釣りに来た事が有るそうで、
不思議な縁があるもんですね、旦那さんと連絡先を交換して、
いつかまたこっちに来たら一緒に釣りしようぜ!
ってことになりました、あ、まだメール返してねえwww
これ書いたら返事しよっと。
こっちでもカラフト狙いしたかったんですけど、
魚影の薄さは羅臼サイドでも変わらず、
たまたま濃い川はヒグマが集結してるそうなんで断念。
この前日も猟友会が一頭仕留めたそうでして、
こっちが仕留められてはかなわん。
去年なんて密漁しに来た家族の父ちゃんが、
嫁と子どもの目の前で八つ裂きにされたそうです。
君子危うきに近寄らず、おーこわこわ。

一応北の国からの、純の番屋。
朝もはようから出発です、まだ雨降ってるなー。
北の国から最終章で純が住んでいた番屋は、
最終的に単なる観光食堂になってました。
いやだから、ここにあるのおかしいだろw
羅臼の道の駅の真ん前ですよw
セセキ温泉の近くじゃなかったのかw

エゾシカですが何か
さてこの日は羅臼から富良野経由で札幌までぶっ飛ぶ移動日、
まずは羅臼から知床横断道路でウトロ側に抜けます。
当たり前のようにエゾシカがいますけど、
秋田で言うとカモシカみたいなもんで特に有難味は感じません。
でも娘は目を丸くして驚いてましたので、見れてよかったです。

東藻琴、うまい牛乳。
最短距離で道東道に向かう道中、東藻琴の乳酪館ってとこで一服。
この牛乳、本当にうまかったです。

陸別で銀河鉄道を発見しました。
陸別駅でメーテルと鉄郎を発見、
この辺は疲労のため、かなり投げやりです。

南富良野の道の駅、ここでもヒグマの襲撃が!
道東側からの富良野の玄関口、南富良野の道の駅で、
またしても凶暴なヒグマの洗礼を受けました。
ここからドープな北の国に突入です。
11:31  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.24 (Mon)

2012.9.11 北海道旅行その2

かなり寒いです
旅行2日目、知床の朝はウトロ港のカラフトマス釣りから始まります。

ヒットルアー、スミスのスプーンです。
開始して間もなくこのスプーンにヒット!
周り全く釣れてなくて諦めムードの中、
一躍時の人と化す俺。
まあ10秒でフックアウトしましたけどねw

あの排水溝の手前でヒット
この排水溝の手前でヒットしましたが、
後が続かず断念しますた。

この船です
さて次は同じウトロ港から知床岬クルーズに出発です、
海も穏やかでクルーズ日和、ヒグマは見れるでしょうか?
割と有名なドルフィン号ってクルーザーです。
大型船と違ってワンド内深く分け入ることができるのが特徴だそうです。

いざ出港
港を出て・・・・

とたんにこんな景色
出たとたんにこの景色ですよ奥さん

カムイワッカの滝、硫黄で海が変色してる
温泉で有名なカムイワッカの滝が、海に落ちてるところ。
硫黄分がたっぷりで、戦時中は軍が硫黄を採取しに来てたとか。

ヒグマ発見
待望のヒグマ発見!
でも遠くてあんまりよく見えず、
立派な望遠レンズを付けた一眼レフとかじゃなきゃいまいちな感じです。
でもすんごい興奮しました、念願だったんですよ、野生のヒグマ見るの。

岬を後にします
半島の先まで優雅にクルーズし、帰りは沖をかっ飛ばして帰ります。
運が良ければクジラやイルカが見れたそうですが、この日は姿見せず、残念。
まあクジラなんて男鹿でも見れるしまあいいか。

ひぐまに襲われてます
道の駅でもヒグマに遭遇するなどのアクシデントがありました

野付半島、国後島めっちゃ近いです。
その後は野付半島で国後島などをみて領土意識に目覚めつつつ

羅臼に向かう道
この日のお宿の羅臼に向けてひた走ります。
しっかしこの辺海岸沿いなのにブナ林あるって、
やっぱり北だなあとうなずくことしきり。
10:37  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.09.18 (Tue)

2012.9.9-10 北海道旅行その1

勤続20年リフレッシュ休暇ということで、
家族を連れて北海道に行ってまいりました。
北海道といえばバイク、ツーリングといえば北海道なおれですが、
今回は日程や天候や子どもが居ると言う事で,
嫁のオデッセイを駆っての、クルマ旅となりました。
いちどクルマでも走ってみたいもんだと思っていたので、
なかなか楽しい旅になりましたですよ。
では以下から写真付き旅日記スタートです。

八戸出港前、ひたすら蒸し暑いですね。
八戸港のフェリーターミナルの八戸ラーメン、マジうまです。
皆さまも八戸からフェリー乗船の際にはお勧めですよ。
2等船室という名の雑魚寝部屋で、
それなりにぐっすり眠れて、翌朝は早速苫小牧に上陸です。
八戸出港前

最初に向かったのは苫小牧港前のマルトマ食堂、写真は店内の様子です。
なんだか芸能人とかスポーツ選手の写真ばかりですが、だからなんだと。

苫小牧マルトマ食堂

海鮮ミックス丼、海鮮はめっちゃうまいが、飯がまずい。
あんまりdisりたくはないのですが、
あきたこまちの国から来たものには、ちょっとね。
のっかってる海鮮は超A級なので、全く残念なこっちゃ。
この具をあきたこまちの新米炊きたてに載せたら、
こりゃ世界一の海鮮丼です、間違いない。

海鮮ミックス丼

さてこの日はひたすら移動なので道中はほぼ何もなし、
道東道をひた走って知床を目指す途中、
占冠で豪雨のため高速を下されると言うトラブルはありましたが
まあまあなペースで爆走して、釧路らーめんまるひらで昼食です。
ここは札幌市で自宅兼居酒屋を営むやりたさんから教えて頂きました。
もちろん御邪魔しに行く予定でしたが、同時期に奈良旅行という事で、
残念ながらすれ違いでした、残念、今度こそは。

釧路 ラーメンまるひら

醤油ラーメン大盛り、壁に椎名誠氏の色紙が飾ってあったそうですが、
空腹とラーメンのうまさと、たまたまラジオから流れていた、
10-FEETの「その向こうへ」に気を取られて気づきませんでした、残念。
写真はないですが、六花亭の釧路店でスイーツなども頂きましたよ。

醤油ラーメン大盛り

せっかくだから観光らしい事もしてみよう、って事で霧すぎる摩周湖。
晴れた摩周湖を見てしまうと結婚できないそうですが、
既婚者なので特に関係はありませんね。
北海道出身で独身の某氏は何回行ってもピーカンだったそうですが、
これは偶然ですね、うん、そうに違いない。

霧すぎる摩周湖

あとはひたすら国道農道をひた走って、
この日のお宿、斜里町ウトロ、民宿石山に何とか到着。
部屋から見た港、小雨がぱらつく生憎の天気ですが、
それがまた雰囲気でてよろしい感じです。

ウトロ民宿石山の部屋からみた港

夕食はかなりのもの、驚愕のコストパフォーマンス。
この夕食で、豪華な朝食と、翌日の知床岬クルーズとセットで、
なんと14.5k円ですよ?、ウトロの民宿安くて豪華すぎワロタwww
食事は食堂でみんな一緒に食べる形式ですが、
向かいに座ったバイクで来ていたお姉ちゃんが、
ドカティでサーキット走行もするアグレッシブなお方で、
嫁も俺も好きなので大いに盛り上がりました、楽しかったなあ。
幸先いい1日で、非常に満足して、疲れのため10時にはぐっすりでした。

夕食のごちそう、海鮮てんこ盛り

この日の走行距離、600キロくらい。
二日目につづく





11:12  |  身辺雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。