2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.05.20 (Thu)

大物が釣れた

いつものサーフにいつもの時間。
一時間回遊を待って、出なければ暗くなる前に帰る。
そんないつもの休日の釣り。
軽い気持ちでキャスト開始。
3キャスト目に波打ち際でチェイスの気配、反転して行くときに逃げ惑うベイト。
こりゃ次で食うな、確信を込めて同じラインを慎重にトレース。
予想通りの重たいストライク、と同時に凄い勢いでラインが出ていく。
なんじゃこりゃ、スズキなら凄い大物だけど、たぶん違う。
サーフだけど消波テトラの前なので、そんなに走らすわけにも行かない。
スプールを手で押さえて強引に止める、ラインはPE1.5、リーダーはフロロ6号。
ノットはビミニ+正海、ロッドは天龍のCO1153SP-20SR。
リールはステラSW4000HG、風がない日の磯仕様。
多少は無茶しても大丈夫だが、それにしても尋常じゃないトルクだ。

どうやら相手は特大のフラットフィッシュ、一気にテンションが上がる。
座布団クラスのヒラメか!?、そうか、そうなんだな!
慎重にポンピングを繰り返し、じわり、じわりと寄せていく。
寄せた分だけまた走られる、また寄せる、繰り返し。
だが段々、だんだん、近くに寄ってきた。
あと少しもう少し、刺身、エンガワ、畜生、絶対バラさねえぞ!
ついにロッドとラインが同じ長さになり、もうこれ以上巻けない。
慎重に寄せ波に合わせて、ズリ上げて、ランディングツールを手に持って。

ここで遂に魚の姿が見えた、サイズは予想通りの座布団クラス!


の、特大のアカエイでした(笑)
akaei12.jpg
カメラを持ってなかったので、写真はネット上の拾い物です。悪しからず。


あーあ、そりゃ引くよなあ。
少し悩んだけど、プライヤーを持ってラインを切った。
ルアーは勿体無いし可哀想だけど、刺されたらと思うと触る気になどとてもならん。

戦いが終わってみると、濃厚だったベイトの気配はきれいサッパリ消えていた。
あちゃー、こりゃ今日はもう無理かな。
一時間粘ったけど、全く何の反応もなく。

あーあ、しかしスゲエ引きだったな。
この引きを味わっただけで、まあ良しとします。

でも、次はスズキが釣りたいなあ(笑)
17:31  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2009.07.14 (Tue)

2009スズキその4

さて、今晩は久々に夜の釣りでした。
なかなか取れない夜の時間を満喫すべく、同じく所帯持ちの釣友をそそのかして出陣です。
出てとりあえず上流に向かいます、川辺に立ったのは六時くらいかなあ。

小さめの支流の合流点で、着換え兼様子見。
ここは少しだけやって反応が無いので、少し大きめの支流がらみへ。
これがまた今日に限っては、支流が水量的には本流と言うか。

この時期ここで無いと、まず開かない引き出しを開けるべく来たのですが。
でも今日はちょっと、引き出しの鍵が合わない感じでした。
三十分も粘らないで、また別の引き出しを開けるべく中流域にゴー。

これが今シーズン初の大当たり、2人で1時間位居て、ランディングしたのが10本くらい。
何を投げても食うわけでは無く、カラーと流すライン外すとまず食わない。
ルアーサイズはあまり関係ない感じでしたが、レンジも結構シビアだったなあ。

獲ったのは仲良く5本ずつでしたね、どれもこれも銀ピカの脂ぎったハイシーズンのエロい魚体。
サイズは55?80ってとこですか、アベレージは70くらい。

いやー、堪能しました、いやいや楽しかった。
増水で流れに押しの強さがあるし、さらに魚が元気だから引くんですねこれが。
その走りをがっちり止めて獲るんですが、ミディアムヘビーがバットから曲がってまして。
写真撮るの忘れたとゆうか、最近カメラなんてどこに置いてるかも定かではなく。
でも一本だけキープしたんで、明日捌き開始?お刺身の連続写真でもアップしてみますね。






23:27  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2009.07.03 (Fri)

2009スズキその3

ツーリングの予定だったのですが、
天気が思わしくなくスズキ釣りに変更。
実家の近くの淵にがっぱり胸まで浸かります、
馬鹿面してると流されそうで怖いのですが、
この位じゃないと昼はルアーが届かない。

そうこうしてる内に何だかベイトが逃げ回ってる気配、
ベイトの種類が何だかは良く分かりませんが、
淵の底のスズキがGTの様に水面にアタックしてる模様。
ボイルしてるのではなくレンジは数十センチから1mってとこかと推測。

水噛みがいいルアーを投げれば食うのは分かってますが、
橋の上から見てる見物人が居たのでしばらく適当に。
居なくなったのを見計らって淵の真上にミノーを落とすこと数回。
がっぱり水面を割ったのは居着きっぽい中型のスズキ。
青い空に黒い魚体と真っ赤なエラがまぶしいです。
ヒットルアーはタイドミノーLD120金黒。
リップが水を食った瞬間口を使ってくれました。
適当に追いアワセを入れてファイト開始。


残念ながらランディング直前にフックアウトでしたが、
狙った場所で狙い通り掛けれたのでまあ満足です。


晴れてきたので午後からはツーリングです。
12:07  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2009.07.01 (Wed)

さいきんのさかなつり

まあ川スズキのハイシーズンなわけですが、全然川に入れていません。
この時期まで一本のスズキも釣っていないのは、この十年で今年くらいか。
飽いた訳ではなく、行く暇が無いわけでも、まあ、ない。

実際にバイクに乗る暇は作れているので、時間が全然無いわけではない。
逆に釣りばかりしていて、バイクのバッテリーをパーにしてしまった時期も有るし。

バイクと釣りとスノーボード、バランス良く、と言う訳にも行かないのです。
どれもカネも暇も、体力も忍耐も努力もバランスよく必要。

どれもこれもと行かないのは、まあ自明の理、てなもんでして。

今一番大事なのは、当然ながら立ち上げたばかりの新しい家庭でして。
釣り、特に俺がやってきたスズキみたいなゴツイ釣りは、今の俺にはそぐわない。

でも忘れたわけじゃないし、したくないわけじゃあ、もちろん無い。
あんなすげえ魚は他には居ない、スズキのルアー釣りは世界に誇れる文化だと思う。
マルはもちろん、磯ヒラ(磯マル含む)のサラシ打ちなんて、世界最強って言ってもいいでしょ。
そのうちまたスズキの事だけ考えて、寝食を忘れる時期が来ると思う。
今度の狂熱も絶対にスズキだと思う、それだけは自信がある。

でも今はそうじゃないってだけの事、いつまた熱病が来るかは俺にもわからない。
そんなことを抜かしつつ、来週は川に入り浸りかも知れないし。

一つだけ言えるのは、以前のような事は、もう絶対にしないって事だけ。
11:26  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.06.08 (Mon)

2009スズキその2

下記の復活タイドミノーのテスト(?)の為、その辺の瀬に。
また三十分くらいしか居なかったけど、瀬の中でも何とか泳いでいた。
まあ修理成功と言って宜しいのでは、と思う。

それだけです、他の特記事項なし。
あ、ノーフィッシュですが何か。
20:39  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。